気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

夢と妄想の話

 寝る前に、布団の中で目を閉じてじっと妄想をすることがよくある。ほとんどの場合は小説のネタ出しで、映画を撮るような感じで登場人物を動かしていく。僕の小説はそうやって作られていくことが多いし、実際に『終わりの花』なんかはほぼすべてのシーンが寝る前の妄想でできている。

 ただ、ちょっと遅くまで夜更かししすぎた日なんかは、そういう妄想をしていると睡眠時間があまりにも少なくなって、次の日の仕事に大きな支障が出てしまう。そういう場合は妄想はしないようにするし、もし頭の中で映画撮影が始まってしまったら「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と妄想を強制終了しようとする。

 目が覚めて、なんだかついさっきまで考え事をしていた気分になることがよくある。そういう場合は考え事の内容を思い返してみて、おそらく夢だろうなと思えたならそれは夢だ。妙に内容がふわふわしていたり、非現実的だったりすれば、大抵は夢の内容ということになる。あるいは、妙に具体的なイメージ、たとえばはっきりとしたイラストやアニメーションを思い浮かべていたとすれば、それも夢だ。ぼくはそういうのをしっかり想像するのはとても苦手だから。それに、あまりに一本筋が通り過ぎている内容であってもおそらく夢だろう。ぼくの考え事は途中で脇道にそれやすいから。

 夢を見ていたということは、その時間は眠れていたということなので、つまりは睡眠時間を取れていたということになる。目が覚めて少し寝たりない思いがあっても、「いや、でも睡眠時間はちゃんと取れている」と思えば、少しは元気になる。逆に、夢だという確証が持てなければ、実際にしっかり眠れていたとしても、寝不足だったのではないかという不安から疲れが出てきてしまう。

 そんな感じで、夢を見た朝はまず最初に「さっきまで見ていたのは夢だったのか」を確認する作業から一日が始まるのだけれど、最近はたまに、夢の中で「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と思うことがある。こうなるとかなり厳しい。もし夢の内容が明らかに夢だといえるものだとしても、「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と思った自分がいた時点で、ひょっとしたら寝る前の妄想だったのかもしれないという疑念が拭い去れなくなる。そうしてぼくは寝不足状態を手に入れてしまう。

 別に夢と現実の区別がつかなくなってくるわけでもなく、あくまで夢と妄想の区別がつかないだけなので、特に恐怖体験なわけでもないし、日常生活に支障が出るわけでもないのだけれど、とにかくよく寝たという気分になれなくなるので、こう、つらい。

 いや、日ごろから夜更かししなきゃいいだけなのでは? と思ってしまったので、今日の日記は以上です。