読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

クソポエム

日記

 なんか仕事を終えて食事取ってたら「飲みに行くぞオラッ!」みたいなLINEが同期から届いたので、「断る!!!」みたいなスタンプを連打しながら店に向かった。男4人で楽しく飲んだ。「チョコ欲しいよね~」みたいな非現実的な話は一切出ず、ひたすら「一億円欲しいよね……」「一億円落ちてないかな……」「一億円しゅき……」みたいな現実的な話に終始した。一億円。小さい頃は、一万円あれば無敵だと思っていた。一万円あれば何だってできる、そんな気がした。でも、大人になってみると一万円は本当に貧弱な紙切れにすぎない。その辺のちり紙と大差ない。いやそれは言いすぎたな。一万円もらえるなら喜んで犬のまねする。とはいえ、やっぱり一万円じゃ無敵感は一切味わえないのも事実だ。一億円あったら無敵なんだろうか。きっとそうじゃない。あればあるほど足りなさに気付かされるんだと思う。おっ、なんかポエミィな感じになってきたぞ!

 今日は昼頃に「今日はいっぱいブログに書くことがあるし、艦娘フリースタイルバトルに頼らなくてもいいぞ!」って思ってたんだけど、いざパソコンの前に座ると何を書こうとしてたんだったかまったく思い出せなくなる。人間は忘れる生き物なんだ。人間は忘れることで未来へと歩いて行く。おっ、なんかポエミィな感じになってきたぞ!