読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

マイナー曲限定カラオケのすすめ

思ったこと

 面白そうじゃないですか? その場の過半数が知ってる曲を入れたらドボンのカラオケ。ルールは簡単。複数人でカラオケボックスに行き、順番に曲を入れていく。曲のイントロが流れた時点でマイナーチェック。マイクを持つ人間以外が「この曲知ってる」か「この曲知らない」を答える。知ってる人間が半数以上だった場合、その時点でその曲は中断、次の曲へ移行し、ドボン曲を選曲した人間にはマイナス1点。ただしドボン曲じゃなくても、マイクを持つ人間自身が途中で歌えなくなった場合はマイナス5点。歌い終わって「この曲いいね!」という評価があればプラス1点。いかに知られざる良曲を繰り出していくかが勝負の鍵になるんじゃゾ。

今までのカラオケの問題点

 みんなも経験があると思う。全員が知ってるような曲しか歌わないカラオケで、めちゃくちゃ好きなんだけどマイナーな曲なんて入れた日にはもうアレなわけ。みんなここぞとばかりドリンクバーに行ったりトイレに行ったりしやがるの。さも「あっ俺そういうの興味ないんで~^^もっと流行りの曲聞いてたいんで~^^」と言わんばかりに。自分の好きな曲を否定されてるようなもんだわよ。

 それに、全員が知ってるような曲しか歌わないというのであれば、どういうメンツでカラオケに行こうが歌う曲はほぼ同じ。せっかくの楽しいカラオケがマンネリ化しちゃってませんか?

マイナー曲限定カラオケのいいところ

 まずなにより、マイナー曲を堂々と歌うことができる。そういうルールでやってるんだからなんの遠慮もなくマイナー曲を歌えるし、示し合わせたようにみんなが離席するということもない。普段は歌えないような曲も気分よく歌い上げることができるんだよ。

 そして布教のチャンスにもなる。ルール上、聞く側もしっかり聞こうとするし、その結果興味を持ってくれることも。カラオケの数日後には、それまで共有する相手のいなかった曲の話題で、一緒に盛り上がれるようになっているかもしれないって寸法よ。

 さらにゲーム性があるからなんか楽しい。累積した点数はご自由にお使いいただける。カラオケ代の傾斜に使ってもいいし、一番低スコアの人が高スコアの人に何かおごるのでもいい。マイナス点の数だけグランブルーファンタジーのえっちな絵を描くのでも僕はかまわないと思いますね!!!!!

結語

 というわけで、その場の過半数が知ってる曲を入れたらドボンのカラオケ、めちゃくちゃやってみたいんだけども、誰か一緒にやりませんか。普段は歌えない曲もめいっぱい歌えて、知らない良曲に出会える可能性も高くて、ゲーム性もあって盛り上がれて、素晴らしいことだと思わない!?

 ちなみに、このマイナー曲限定カラオケに問題があるとすれば、