読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

隔世の感

 昼頃にはてなブログの今月のPVが100を越えたらしい。まだ1日半しか経ってないぞ。今までも割とそんな感じのペースだったんだけど、いまだに慣れない。ツイッターにドハマリする前、テキストサイトをやってた古き良き時代は、一日のヒット数が20とかそんなもんだった。ツイッターを始めてしばらくはテキストサイトも更新し続けていて、ツイッターのアカウントはそっちに人を呼ぶための集客ツールという考えだったんだけど、それでもヒット数は一日35くらいだった。そんなもんだから、1日半で100を越える今のペースがいまだに慣れない。隔世の感だ。

 好きな人、ファンだった人が突然いなくなってしまうのは、やはり悲しい。昼休みに訃報に触れて、午後の業務時間はなんだか真空に放り出されたような、寂しく、どこか不安な気持ちがずっと続いていた。ひだまりラジオを聞き返すたびにこの気持ちが蘇るのだろうか。それはきっと、本意ではないのだろうな、とも思う。伊藤計劃の訃報に触れた時も、そんな風にして本当に落ち込んだのを覚えている。なんだかんだ、生きなきゃいけないんだなあ、と思う。