気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

しごと

 仕事を終えて疲れて帰ってきてから23時になるまで、ひたすら眠りこけてた。やっと自分の自由に使える時間になって「よぉし、遊ぶぞ~」とか思ってたらその大半を眠り倒してしまうの、本当にもの悲しい。本当にもの悲しいのに、それだけに留まらず、ひたすら仕事する夢を見てた。なんかプログラムの小数点以下の扱いがおかしいとか言ってひたすらソースコード眺めたり仕様書確認したりする夢だった。家に帰ってめっちゃリアルな仕事の夢見ちゃうの、これもう実質的な残業じゃん! ひどくない!?