読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

250兆円ほしい

日記

 父親が残した11頭のラクダを長男は1/2、次男は1/4、三男は1/6だけ相続できると遺言されたけど、11頭のラクダは2でも4でも6でも割り切れない。ラクダを半分に切るわけにもいかない。どうしよう、と悩んでいたところ、通りすがりの老人が話を聞いて「じゃあ私のラクダを1頭お前たちにやろう。これで合計12頭。長男はその1/2だから6頭、次男は1/4だから3頭、三男は1/6だから2頭。合計で……おや、1頭余ったようじゃな。ではこの余った1頭は返してもらうぞい」つってどっかに行く話がある。そんな感じで、父親が残した遺産の1/2を相続できると遺言されて、通りすがりの老人が「じゃあ私の500兆円をお前にやろう」つって、ちゃっかり250兆円をもらいたい。あまった250兆円は老人に返すね。あと僕の父は死んでないです。