気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

つき

 月が綺麗、なんだと思う。ツイッターやテレビなどの情報を総合すると、どうもそうらしいという結論に行き着く。月が綺麗というのが今の民意であり、国民の叫びであるらしい。にもかかわらず、僕は今日、月を一度も見なかった。これはひとえにグラブルばかりしていたからなんだけど、国民としては民意を踏みにじる行為のようにも映るだろう。月が綺麗な夜にもかかわらず月を見ないというのは、民主主義の原則に反する、この国のあり方を根底から覆してしまいかねないような危うい行為だ。国民の理解を得られるような丁寧に説明が求められる。