読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

花火大会

 びわ湖花火大会というものが今日あって、これがどれだけすごいかというと、人口35万の大津市に35万の人間が押し寄せる。聡明な皆さんはお気づきかと思うけど、コミケの1日の参加者が17万人。つまりその倍の人間が押し寄せるわけ。どうなるか分かるね?

 昨日まで忌引で休んでたので、今日は残業して溜まりに溜まった仕事を虐殺するぞと思ってたら、定時になった瞬間に周りの人がドタドタと帰っていくわけ。びっくりして「ヘイヘイみんなどうしちゃったわけ? らしくないんじゃない? もっと残業してこうぜベイベ!」とか思ってたら、30人はいるはずの課が定時10分後にはもう僕を含めて4人しか残ってない有様に。なんだこれと思ってたら、課長に「早く帰らないと、花火で帰れなくなるよ?」と言われて、なるほどという感じだ。

 昔、大津のローソンでバイトをしていたことがあるんだけど、花火大会の日は本当に地獄だった。店内のどのタイルの上にも人間がいる状態で、enjoy! レジは動き続ける! みたいな感じ。分かりやすくいうと国際展示場駅横のローソンです。あれを店員サイドで身をもって体験したわけ。やばいのよもう。15時に出勤して、25時まで休憩なしのフル稼働。死ぬわ。

 あれを体験すると、本当に店員に優しくなれる。みんなも店員には優しくしようね。マジで。