気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

さよならおばあちゃん

 入稿をキメた。正直これ無理やろ落としたやろと思っていたけど、案外なんとかなるもんだ。そして次回以降「あの状態でも入稿できたんだから余裕余裕」とさらに堕落していく。成功体験は猛毒なのだなあ。

 というわけで今朝8時58分55秒、実に締切の65秒前に夏コミ原稿の入稿をしたんだけど、当然徹夜での作業だった。本来であれば一日ゆっくり寝て、明日から通常通り出勤すればいいわけだけど、今回はちょっと事情があって。というのも、実は月曜に祖母が逝去いたしました。93歳の大往生で、特に苦しむこともなくすっと逝ったそうなのでとてもよいことなんだけど、入稿締切の9時間後にお通夜というなかなかファンキーなことになった。入稿して、告知とかの残務を済ませて、1時間だけ寝て、新幹線に乗って親元の岡山まで行って、親戚と話をして、お通夜をして、甥や姪と遊んで、今に至るってワケ。おばあちゃん、僕めっちゃ頑張ったよ……。

 今日は式場に泊まって、明日は葬式と納骨。ここ数年は会えてなかったとはいえ、小さい頃は本当にお世話になった人なので、泣いちゃうかもなあ。死に顔も本当に安らかそうで安心した。あっちでも楽しくやってほしいな。