読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

砲雷撃戦オフレポ

 前日23時半頃からグラブルをやる。ひたすらボタンを連打してるうちに、ナニヌネノからリプライが届いていたことに気がつく。内容は「お誕生日おめでとうございます」、時刻は21日0時17分。ようやくそういえば誕生日だったことを思い出す。3日前くらいまで覚えてたはずなのに、なんか直前になってマジで忘却の彼方だった。あとグラブルしてたら誕生日を迎えたの、さすがに最悪かって感じする。

 その後、2時くらいまでナニヌネノとLINE。ようやく夏のなのは本のプロットがあらかた固まった。やはりナニヌネノは波長が合うらしく、話してるとぽんぽんアイデアが出てくる。この関係は大切にしたい。果たして5週間で書ける話だろうかというところに七十三抹くらいの不安を覚えながらも、とりあえずは方向性が固まったことに満足して寝た。

 6時20分に強烈な雷の音で目が覚める。そう、雷ちゃんが眠らせてくれなかったわけだ。罪な女だよ……。ダラダラとやる気なく身支度して7時20分に家を出る。JRとか地下鉄とかを乗り継いでインテックスへ。キリサキと合流し、スペースへ向かう。インテックスではAKBの握手会もやっていたらしく、2次元にのめり込むオタクと3次元にのめり込むオタクがひとところに集まるのは相当な“強さ”を感じた。ここに錬成陣を配置すればかなり上質な賢者の石ができそう。

 黎明ネルトリンゲンさんに挨拶しに行ったら、黒井先生に「なんでグラブルで挨拶返してくれないんですか!」と怒られた。「なんかおこがましいかなと思いまして……」とくねくねしたら、「挨拶をなんだと思ってるんだ!」と言われた。確かに前職では出社したらまず取締役や部長、課長クラスのデスクを回って大声で挨拶しないと社会的に殺されていたな、と思いだして、なるほど挨拶はしないといけないと感じた。ついでにおこがましいかなと感じていた騎空団への入団も「多分5分後には加入申請出してますんで!」と言い、その場を後にした。

 スペースに戻って早速挨拶を返した。とはいえ「若葉青葉の候……」とか書き出しても完全に不審者なので、ここはネットスラングで決めようと思い、そういえば幽遊白書コラでそんなセリフがあったなと思い、「やるねェ」と送信した。完全に不審者だ。あと、騎空団の申請をしたら「Rankが足りません」とか言われてめっちゃゲラゲラ笑った。

 開場したので売り子をした。一度、金だけ払って本を持たずに去ろうとした人がいたので、かつてローソンクルーだった時期もある僕としては「お客様!」と声をかけてしまったんだけど、即売会に客もクソもないよなと思って反省した。あの場合どう声をかければいいのだろうか。やはり「オタク様!」がいいのではないだろうか。完全に不審者だ。

 ツイッターを見るといろんな人が誕生日を祝ってくれてたので、「教授……報告します……ツイッターは愛にあふれていました……」とか思った。2002年の紅白FLASH合戦の作品のネタなんて誰が分かるんだ。あと、なんとイラストを描いてくれた人までいて、本当に最高って思った。



 ハンバーガーはイラストを描け。

 2時くらいから売り子に完全に飽きてずっとグラブルやってた。昨日辺りにグラブル始めたはずのハンバーガーがもう僕とほぼ同じRankになってて、何なのこいつと思った。グラブルをやめろ、イラストを描け。

 イベントもつつがなく閉会して、キリサキは在庫の詰まった段ボールを重そうに運んだ。会場を後にして、大阪駅前のなんかよく分からん喫茶店でぐだぐだした。昭和の香りが色濃く漂ううらぶれた喫茶店で、大変満足した。惜しむらくはジャンプの表紙がトリコやワールドトリガーみたいな平成っぽい作品だったので、そこさえジョジョ2部とかスラムダンクとかだったら最高に昭和の喫茶店だったのになと感じた。集英社には頑張っていただきたい。

 その後、なのはDAYSの帰りに行ったのと同じ焼肉屋に行って、アラサー男性二人で新鮮な牛の死体を頬張った。えっちな艦娘の話とか、艦娘の学生時代の話とかで盛り上がった。肉を詰め込めるだけ胃袋に詰め込んだあと、まだ8時過ぎだったのでHなお店に向かった。

 HUBは本当に店内がうるさいので、疲れてるときに行くと体力がどんどん削られるデバフ効果を持つ。二人ともげっそりして9時半頃に店を出た。大阪駅で「夏コミには笑って参加しような!」と言い合い、別れる。

 大阪駅前で南米の人っぽいおじちゃんが、ケーナなどの民族楽器と美声を駆使してコンドルは飛んで行くを演奏してて、あまりに上手なものだから思わず足を止めてしまい、お支払いまでしてしまった。今後もいいものにはお金を支払っていきたい。電車に乗って帰宅した。今に至る。