気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

原稿の話

 今日が夜更かしできる最後の日だ。明日の夜は早く寝て、明後日からまた始まる会社に備えなきゃいけない。というわけで工程表では明日の早朝には小説の初稿が完成しているはずなのであるなあ。こうしてままならなさを覚えながらひとり秋の夜長に長々と眺める上弦の月を(あなたも今、同じように)見ていらっしゃるのだろうか。また今日も袖を絞る(ほどに寂しさにくれて涙を流す)夜が続くことだよ。

 あなたって誰だよとお思いの方もいるでしょうが、藤原道長公であるというのが通説です。