気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

民主的で自由な、人間の顔をした飲み会

 職場で歓送迎会があった。職場の人間との飲み会で楽しいと思ったのは生まれて初めてだょ。。。以前も申し上げたとおり、僕は前の職場で非民主的な教育を受けてきたんだけど、今の職場は大変民主的なので、1945年10月の日本人みたいな気分になってる。上司が職場に入ってきたら起立して挨拶するのが当たり前じゃなかったのか……。上司が帰るときは起立して、姿が見えなくなるまで頭を下げ続けるのが常識じゃなかったのか……。上司に話をするときに座ったまま上体だけ向けるなんてことが許されるのか……。天皇陛下とツーショットの写真だなんて信じられない……。

 そんなわけで飲み会だったんだけど。大変楽しかったです。仕事の話も多かったと思うんだけど、不思議と苦じゃなかった。くじ引きで座った席が注文ボタンから離れた奥の席で、店員も呼べないわ料理も回せないわで「あっこれは死んだな」って思ったんだけど、なんか上司とかがサクサク自分で注文するしサクサク自分で料理回すしで、カレー食べてもいいと言われた少年兵みたいな気分だ。料理を取り分けてお酒を注ぐ必要も、上司のグラスを常に観察して3分の1を割ったら「注文よろしいですか?」と尋ねる必要も、上司に合わせて苦手なアルコールを飲みまくる必要も、上司が話してるときは箸をとめる必要も、飲み会が終わって帰宅した直後に上司にお礼のメールを送る必要も、ここでは一切要らないんだ……。文明だ……近代だ……。