気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

ナニヌネノくんをいかにしてリリカルなのはにドハマリさせるか

 波長というか、創作の趣味や性向が合う人とあまり合わない人ってのがいて、合わないからその人の創作は楽しめないとかそういうネガティブな分類では全然ないんだけど、合う人と話していると創作のネタが次々に出てくる。例えば大学SF研の先輩、あるいは校正などでいつもお世話になってるナニヌネノ氏とかは特に波長が合う。ただ、彼らはリリカルなのはには詳しくないため、リリカルなのはのネタを出すのは一人でやらなきゃいけなくて、そうするとあまりいいものも出てこない。というわけで今日の議題は、ナニヌネノくんをいかにしてリリカルなのはにドハマリさせるかについてです。

 休みだったので、あまりにひどい花粉症の症状を和らげに病院に行くことにした。かかりつけの病院は土曜日は午前中のみしかやってないそうなので、早起きして病院に向かう。なぜかシャッターが降りている。なぜだ。今日は土曜日だし、ちゃんと開院時間は過ぎている。近くの別の病院も見てみるけど、そこもなぜかシャッターが降りている。めっちゃ首をかしげてたんだけど、そういえば今日は祝日だったんですね~~~~~~。看板を見ると、祝日は休みって書いてあるんですね~~~これが~~~~。ただでさえ土曜の祝日って無意味すぎて死んでしまえ感が漂うのに、無意味どころか障害物にすらなるとは……。本当につらい。

 仕方がないのでローソンでのむヨーグルトを買いまくった。花粉症に効くと噂のL-55乳酸菌が入ってるとかいうアレだ。ネットで調べると、「砂糖が入ってるとダメ」「1ヵ月くらい継続摂取しないとダメ」とか割と絶望的なことが書かれてるんだけど、僕はプラシーボ効果を信じるぞ。僕の身体は僕が思ってる以上に頭が悪いはずだ。大丈夫、ひと飲みで治る。