読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

5億円ほしい

 働いた。働きながら「世の中には既に5億円持ってて働かずに悠々と暮らしてる人もいるのに、なぜ僕は働いているんだろう」と思った。こういう時は5億円を手に入れた妄想をするに限る。今回は50億円分の手形を拾って、謝礼として1割の5億円をもらうという設定だった。さて5億円を手に入れたぞ、と妄想をスタートさせようとしたけど、「いやいや待てよ、確かに拾得者への謝礼は10%から15%が相場だけど、50億円のような常識の範囲を超える金額に対してもその割合は有効なのか?」とか考えはじめて妄想がさっぱり進まなかった。僕は法律の話を考えるために働いてるんじゃない。5億円手に入れた妄想をするために働いているはずなんだ。

 家に帰って調べたら、法律にしっかり「5%から20%を支払わなければならない」と明記されてたので、どんだけ高額なものを拾っても5%は確実にもらえるっぽい。つまり100億円の手形を拾えば確実に5億円もらえるってわけだ。これからはバシバシ100億円の手形を拾っていきたい。

 小説家になろうの校歌を作った。

 作った当時はメロディまで考えてたけど、一晩経ったら忘れた。