読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

読んで楽しい記事を書きたいだけの人生だった

 働音。昨日、お布団に入ってメモ帳とボールペンを取り出し、小説のプロットをごりごり書いてたんだけど、途中で寝落ちしてしまった。くやしい。プロットはお布団の中で考えるのが一番性に合っていて、というのも頭の右側を下にした状態で安静にしていると、空想がすごく捗るような気がするんだ。これは中学生くらいのときに発見して、以来小説のネタを考える時とかはずっとその体制になる。とはいえ多分科学的にその理由を説明することはできないので、僕の思い込みでしかないんだと思うけど。でも頭の左側を下にして寝ても特に空想は捗らないし、仰向けはそもそも落ち着かなくて嫌いなので空想はできない。不思議な話だ。

 他人の寝る時の姿勢の話なんか読んで楽しい人間がいるわけないだろう。なんだこの記事は。もうちょっと人様の役に立つような文章を書けよ。Twitterの話します。僕は昔からTwitterのフォローを増やすことに慎重で、最近は少しずつフォロー増やしていこうって思ってはいるんだけど、それでも「フォローされてから1週間は絶対フォロー返ししない」というルールはごく一部の例外を除いて堅持している。これには理由があって、僕も人の子だからリムーブされるとちょっとはショック受けるわけ。Tweenでツイートが青表示されてるのに気づいて「あっ……へえ……」くらいは思うわけ。なので1週間あけることで、「フォローしたはいいけど何か思ってたのと違うし合わないからリムーブしよ」ってのを目撃することを防ぐという仕組みだ。僕のツイートが合わない人は、1週間もあれば「合わない!」って気づくはずだし。そういう自衛手段なんです。よくモンスターだの心の闇だのサイコパスだの言われる僕ですが、割と繊細なんだぞ。

 他人のTwitterの使い方なんか読んで楽しい人間がいるわけないだろう。なんだこの記事は。もうちょっと人様の役に立つような文章を書けよ。