読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

女の子は登場しません

思ったこと

 働音。家に帰ってから何となくTumblr見てたら、いつの間にか日付が変わってた。ちょっとした恐怖だ。はてさて、書くことがない。とはいえ三日連続で女の子を登場させると、もうレギュラー化してしまって「そういうブログ」になってしまう。あれは「こういうサイトって昔あったよね~」と一歩引いたところから揶揄する感じのネタだったのに、これではミイラ取りがミイラなのだ。深淵を見るものは深淵に見られているんだ。きさま! 見ているなッ!

 昨日なんとなく締切とかを確かめてみたら、ちょっとそろそろ書き始めないとヤバい時期だということに気づいてしまった。まだまだ余裕だと思ってたのに……。というか何部刷ろう。前回の神戸かわさきでは奇跡みたいな部数が捌けたんだけど、あれは本当にただの奇跡だった気がするし、少なめに刷っておくべきなんだろうか。でも万が一会場で完売しちゃったら、委託で買いますって冬コミで言ってくれた人たちに申し訳ないし……。続編ということもあって、そのあたりの読みが難しい。刷れば刷っただけ売れるような人気サークルになりたいだけの人生だった。

 表紙絵を描いてくれる人に表紙絵のラフを渡した。ゴミみたいなラフなんだけど、これが素敵なイラストに大変身するわけだよぐふふ。多分ラフはイベント会場に持っていくので、声をかけてくれればこっそり見せます。「すごい! こんなゴミみたいなラフをよくここまで再構成したな!」と驚いてください。