気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

『終わりの花』の無料ダウンロードページを作った

 今日はお休み。明日からまたお仕事なんだけどね。というわけで今日はひねもす家でぐったりしてた。思えば年末から今日まで、ろくに休んでないぞ。コミケ×2からの徹夜ボドゲで帰れば大雪、んでその翌日にはもう仕事ってなんだこれって感じだ。次回はもうちょっとバッファを持たせた予定を組んでいきたい。

 『終わりの花』の購入者に限り、電子書籍版を無料ダウンロードできるページを作った。最初は初版と第二版でちょっとだけ改稿部分があるので、初版を買った人への補償的な目的だったんだけど、第二版も同じ値段で頒布したわけだしと思って第二版の購入者もダウンロード対象にした。仕組みは伊藤計劃トリビュートでやったのとほぼ同じ。「8ページ分もやる必要あるのか」と大森望氏に言われたので、ページ数を減らしてその分文字数を増やすことでセキュリティを確保した。

『終わりの花』電子書籍版ダウンロード

 購入者への無料ダウンロード、次回以降はどうしようか悩む。今回は頒布価格も高めだったので「電子書籍も含めての価格」という形に(後付けだけど)なったけど、次回からは電子書籍は別売りにして、その分本体を安くした方がいいのかなあ、とか。でもこの間とらのあなが電子書籍の販売サービス作って、法的にどうなんだとか問題になってたよね。難しいところだ。というかさっさとオリジナルを書いて創元に送れって話だ。