読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

GeoGuessr攻略法

 休みでした。休みだからといって、ムートくんと朝まで通話しながら数字が雑に増えるゲームを遊んでゲラゲラ笑っててもいいというわけではない。クッキークリッカー的なるものの存在を許してはならない。心からそう思った。それにしても特に書くことがない。休みの日は休むタイプなので、本当に書くことがなくなる。あまりに書くことがないので、GeoGuessrの話でもします。

 GeoGuessrとは、Googleストリートビューを使った現在地推理ゲームのこと。ゲーム開始と同時に、全世界のどこかのストリートビューへとプレイヤーは飛ばされ、ストリートビューを移動しながらそこがどこであるのかを推理していくというもの。看板などのヒントがあれば少しは推理の足しになるけど、それがなければ雰囲気だけで判断する無理ゲーと化す、言ってみれば遅れてきたクソゲーといったところだ。僕はたまにニコニコ生放送でこのクソゲーを実況しては、視聴者を疲弊させて自分自身も疲弊している。悲劇でしかない。

GeoGuessr - Let's explore the world!

 僕がGeoGuessrをプレイする時はいくつかの制限を設けている。一番大きいのが、「一切のリファレンスに頼らない」というもの。看板を見つけても、その文字でGoogle検索をかけたり、辞書を引いたりしてはいけない。要するに純粋に自分の知識だけでプレイするというルールだ。ただし例外として、GeoGuessrの画面に常備されたGoogleマップだけは自由に使っていい。例えば「この道、看板から察するにアメリカの65号ハイウェイだぞ」「このStøvringって看板、øって字があるってことはデンマークかノルウェーだな」という推理をした場合、その画面上のマップを使って、アメリカ全土から65号ハイウェイを探したり、Støvringという町をデンマークとノルウェーでしらみつぶしに探索していくのは自由だ。見つけた時の快感はいい知れない。

 プレイするにあたって、コツというかポイントがいくつかあるので、そこを挙げていきたい。

左側走行かどうかを見る
車が左側走行なのはイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、マレーシア、インドネシア、赤道以南の旧イギリス領アフリカ諸国、インド周辺など。このうちGeoGuessrでよく現れるのはイギリスとオーストラリアだ。ただし僕はイギリスだと思ったらオーストラリア、オーストラリアだと思ったらイギリスという失態を生放送で何度も犯している。本当につらい。
速度制限を見る
アメリカとイギリスはキロメートル毎時ではなくマイル毎時を使っている。マイル毎時はキロメートル毎時の60%くらいの数字になるので、だだっ広い道なのに制限速度らしき看板に「45」とか「55」とか書いてたら、多分イギリスかアメリカだろうと当たりがつく。
高速道路や国道を探す
高速道路や国道は、定期的に何号線かを表す看板が出ている。何号線かの表記も国によって違っていて、例えばアメリカならチューリップみたいなエンブレムの中に数字。ドイツは青い六角形に数字。フランスは赤地や緑地の長方形に「A26」「E35」など。スペインはフランス同様に緑地の長方形だが、「E-38」とハイフンがつく。こういった表記の差から国が判断できる。
言語を見る
英語圏だったらアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど。英語以外の言語が分からないのであれば相対的に当たりとなるが、そうでない場合は英語圏は面積が広く、ハズレに近い。看板の内容まで理解する必要はないが、ぱっと見で「あ、これは○○語っぽい」と判断できればしめたものだ。ラテン系(スペイン語、ポルトガル語、イタリア語など)か、ゲルマン系(ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語など)か、フランス語か、あたりまでは何となく判断できるようになりたい。ちなみにラテン系は「El」という前置詞があればスペイン語かポルトガル語、なければ多分イタリア語だ。ゲルマン系もさっき書いたように「ø」って文字があればデンマーク語かノルウェー語。「ö」や「ä」があれば多分スウェーデン語と判断できる。ちなみにスラブ文字(ロシア語とかで使うあれ)が読めるとかなり心強い。GeoGuessrにおいてロシアは頻出地域だ。
植生や町並みなどから大まかな地域を判断する
これは上記の手段であらかじめの見当をつけてから行うこと。割とあてにならない手段なので、よほど手詰まりでもない限りこれを最初に用いてはならない。生えてる植物が針葉植物ばかりなら北の方、低木ばかりなら乾燥地帯、スペイン語圏だけど町並みがちょっと乱雑なら南米を疑う、など。
自分のやってることを疑問に思わない
プレイ中に「なぜ俺はこんな無駄な時間を……」とか思ったら負け。

 今までの好記録の判断経過を参考までに貼っておきます。