読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

進捗の話

 6月に出した本は緑陽社という印刷所で印刷したんだけど、これがすこぶる品質がよかったので、冬コミもぜひここで、と考えてたら緑陽社が価格改定してた。見てみたら、なんかマンガ描きには割と安くなってるのか知らないけど、小説書きにとってはサイアクな感じで、これはダメだなと感じた。グッバイ緑陽、こんにちはサンライズ。サンライズの日ノ出陽子ちゃんは本当にかわいい。サンライズは早割がないのが難点だけど、印刷の質はめちゃくちゃ高いし、緑陽より圧倒的に安いので多分ここで印刷することになると思う。つまり、締切が5日早まりました。死。

 新刊の方はプロット的にたぶん160ページくらいの分量になるんじゃないかなあと見込んでいるので、余裕があればおまけとかも放り込みたい。夏コミの本の後日譚なわけだし、コピ本に載せた用語事典をさらに充実させて収録するとか楽しそうだ。主に僕が。というか僕以外楽しくないだろアレ。僕はめっちゃ楽しいけど。まあでも同人誌とはそういうもののはずだ。そう言えばなんでも許されると思ってる節がある。

 日曜までに夏コミの本の修正を終わらせて、さっさと新刊の執筆に取りかかりたい。でも今日は実在性ミリオンアーサーがあるんだ……。それだけは見逃すわけにはいかない。