気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

原、稿……?

 特に何もなかった。前の職場で一日の終わりに毎回上司に電話をかけて、その日にあったことを報告する決まりがあったんだけど、「特に何もなかったです」と言うと「何もないかどうかは俺が決めるんだ、何もなかったなんてのは報告にならない、もっとアンテナを張り巡らせろ」と怒られてしまうので、毎日終業1時間くらい前になると、めっちゃ些細なことでもいいから今日は何かなかったかを必死に思い出す業務になってたの、本当に胃が痛かった。そのせいで今も「何もなかった」という文字列を見ると胃のあたりがウッってなる。

 とはいえ今日は本当に何もなかった。仕事も休みだし、雨降ってたし。強いていえば小説を書いていたくらいだ。ふふん、僕だってやろうと思えば原稿くらいできるのだ。今日は1000字くらい進んだぞ。げ、原稿用紙たった3枚……。ちなみに夏に出した本は12万字だったので、このペースでいけば夏コミには間に合いそうだ。なんだ、余裕だな!

 実在性ミリオンアーサーという番組がとても面白い。技ーサーちゃんが本当にかわいい。はぁ……しゅき……。今期は実在性ミリオンアーサーしか見てないし、前期はあいまいみーしか見てないし、もっとこう、ちゃんとしたアニメも見たい。でも毎週決まった時間にテレビの前で30分じっと話に集中するの、僕には絶対向いてないと思うんだ。特にストーリーもののアニメだともう無理だ。つらい。