読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

書くことがないので煙に巻きます

 このブログは基本的に、その日あったことか、その日思ったことかのどっちかで構成されてる感じがするんだけど、「今日は何もなかった」ならともかく、「今日は何も思わなかった」は人間としてだいぶまずいと思う。ブログを書く段になって初めて「あ、ヤバい今日何も思ってないぞ。何か思わなきゃ」となるのはもう人間として完全に終わった感すらある。まあ要するに、書くことがない。

 タバコの話でも書こう。5月くらいから喫煙者になってしまった。とはいえ一日一本くらいしか吸わないし、やめようと思えば今日にでもやめられるんだけど。タバコを吸うようになったきっかけは、小説を書いていて喫煙描写が必要になったから。別に一本も吸わなくても、Google先生に頼めば資料はしこたま手に入るわけなんだけど、まあ味を知ってから描いた方がいいかなと思って。そういうこと言いながら八丈島の特産料理は食べたことないのにしれっと描写してるのが大人の汚さなんだよなあ。

 ゲームセンターの狭苦しい喫煙室なんかでぼんやり吸うのが楽しい。僕の場合、タバコ自体を楽しんでるというよりは、タバコをだしにしてぼんやりするのを楽しんでる気がする。タバコ自体は別にそこまで美味いとも思わないし、吸うことで落ち着いたり気分が優れたりということもない。ただ、外界から閉ざされた空間で、何も考えずにぼんやりできる時間ができるのはとても楽しいことだ。