気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

良さがある

 仕事して音ゲーして新聞読んだ。日記は以上です。Twitterが遅延してた。遅延とか気付かずにm_sobaを更新してもうたわい。ふぁぼに執着していた昔は、遅延があるとふぁぼられにくい反面「ふぁぼられないからってツイートを控えるのはどうなんだ……? それってダサくないか……? 僕のツイートを待ってくれてる人に申し訳ないと思わないのか……?」とか最高に意味の分からないことを考えてたんだけど、今や数日おき程度にしかfavstar見なくなってしまったので割とどうでもいい。思えばあの頃の僕はどうかしていた。ネタツイートとかいう風潮を通じて仲良くなった人も結構いたけど、Twitterからほぼ消えてしまったか、発言や態度を不快に思ってシャットアウトしたかのどちらかで、今も仲のいい人ってゼロに等しい。特に後者は、あの界隈って皮肉好きだったり人の醜聞やもめ事が大好物だったりする人が多い印象を受ける。そこがどうにもなじめなかった。僕もつい皮肉を言ってしまうきらいがあるので、そこは他山の石としなければならない。結局、ネタツイートとやらに毒される前からフォローしてる人や、ネタツイート関係なしでフォローした人としか今は絡んでないし、完全にあの時代は僕にとって不要だったのではみたいな気すらするぞ。それもまた人生なのだ。

 それもまた人生って言えばたいていの問題は片付いちゃう感じするし、こういう便利ワードに頼りすぎるのはよくないと思う。語彙力と思考力の低下だ。その他、悪影響が懸念されるワードには「良さがある」「いい話だ」「ウケる」「神」「クソ」「闇」「パズドラをした」などがある。いずれも使用には細心の注意を払い、どうしても使わなければならない場合を除いては極力使用を避けるようにしていきたい。