気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

ラウンドワンができてた

 家から徒歩5分程度の近場にラウンドワンができた。もともとゲーセンとかカラオケ屋とかボウリング場とかTSUTAYAとかレストランとかが入った複合商業施設だったんだけど、人口のめっちゃ少ない場所だけあって余裕で潰れてたわけ。やっぱり大津は田舎だな!! とか思ってたら、なんかいつの間にかラウンドワンとして大復活してるしビビる。もともとあったゲーセンは音ゲーまったく置いてない悲しみの森だったんだけど、新しいラウンドワンには弐寺もSDVXもグルーヴコースターもある。神。もちろんカラオケ屋やボウリング場もある。復活祭だ。神すぎる。なおTSUTAYAとレストランは犠牲になったもよう。

 大津駅の周辺はレストランが少なすぎて困る。官庁街なので、わずかに存在する食事屋も12時~14時、17時~20時(土日祝休業)みたいな人を舐めきった営業時間だし、殺意の波動に目覚めそうになる。仕込み含めたってちょっと働かなさすぎでは……。村役場の職員でももうちょっと働いてるぞ……。そんなわけでレストランが戻ってこなかったことに関しては遺憾の意を表明したい。でも徒歩5分でSDVXができる環境は神すぎる。今日はイヤホンを忘れていったので1クレに留めました。

 そうだ、TSUTAYAもないから、CDやDVDを借りるためにわざわざ京都まで出なきゃいけないんだ。これはマジで何とかして欲しい。政治の怠慢ではないのか。県庁所在地のど真ん中に住んでいながら、なにゆえこのような扱いを受けねばならぬのじゃ……。わらわは、わらわは人間の子など孕みとうない……。

 以上、大津はクソだよってお話でした。機会があれば大津は神だよって話もしたい。