読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

女の子

書くことがない

書くことがない。女の子「へえ、また書くことがないんだ?」 ぼく「うわっ、めっちゃ久しぶりのやつが出た!」 女の子「久しぶりね。1月20日の日記以来かしら」 ぼく「4ヵ月も現れてなかったからもう寛解したと思ってたのに! てか君の存在覚えてる人とかい…

もうなんなんだこれ

働いたけど音ゲーはしなかった。なんかもうめっちゃ疲れてて、このコンディションで音ゲーしても絶対スコア出ないなという気持ちがあったし、経験上火曜日の音ゲーコーナーは高確率で大学生のおともだちに占拠されている。なので大人しくお家に帰って、椅子…

†小説†

休みだったのでスーツを買いに行った。4月からスーツの必要な職場で働くのだ。いちおう一昨年の秋までもスーツの必要な会社で働いてたんだけど、そっちはどちらかというと「バンバン華やかな見た目してこっ!」という感じの業種だったので、紺色のチェックの…

役割語の話

今日はお休みだったけど、ここのところ仕事したのに音ゲーできてない日が多かったのでゲーセンに行った。女の子「別に仕事したら音ゲーしなければならないというルールはないわよ」 ぼく「わっ、また出た!」 女の子「ちょっと、せっかく人が出てきてあげた…

もうこれ読む必要ない

働not音。今日は仕事終わりにゲーセンではなく美容院に行った。髪の毛をバッサリいってさっぱりだ。髪の毛を切った以外にこれといって何も書くことのない一日だった。強いて言うなら、生まれて初めて焼きドーナツなるものを食べた。なんというか粉っぽかった…