気刊びびび

なんか気が向いたら書く。

高町なのはという人間の物語でした ~魔法少女リリカルなのはDetonation感想(ネタバレあり)~

 魔法少女リリカルなのはDetonationを観てきました。まだ2回しか観れていないので、細かいところの見落としは多々あると思いますが、大枠の感想を書いていきたいと思います。当然、ネタバレに満ちていますので、未鑑賞でかつ今後見に行くつもりの方は、これ以上の読み進めをご遠慮ください。また、引くくらいの怪文書になってしまっているので、何でも許せる人以外も読まない方がいいと思います。

 なお、本記事に登場するキャラクターについてはすべて敬称略とさせていただきます。

続きを読む

夢と妄想の話

 寝る前に、布団の中で目を閉じてじっと妄想をすることがよくある。ほとんどの場合は小説のネタ出しで、映画を撮るような感じで登場人物を動かしていく。僕の小説はそうやって作られていくことが多いし、実際に『終わりの花』なんかはほぼすべてのシーンが寝る前の妄想でできている。

 ただ、ちょっと遅くまで夜更かししすぎた日なんかは、そういう妄想をしていると睡眠時間があまりにも少なくなって、次の日の仕事に大きな支障が出てしまう。そういう場合は妄想はしないようにするし、もし頭の中で映画撮影が始まってしまったら「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と妄想を強制終了しようとする。

 目が覚めて、なんだかついさっきまで考え事をしていた気分になることがよくある。そういう場合は考え事の内容を思い返してみて、おそらく夢だろうなと思えたならそれは夢だ。妙に内容がふわふわしていたり、非現実的だったりすれば、大抵は夢の内容ということになる。あるいは、妙に具体的なイメージ、たとえばはっきりとしたイラストやアニメーションを思い浮かべていたとすれば、それも夢だ。ぼくはそういうのをしっかり想像するのはとても苦手だから。それに、あまりに一本筋が通り過ぎている内容であってもおそらく夢だろう。ぼくの考え事は途中で脇道にそれやすいから。

 夢を見ていたということは、その時間は眠れていたということなので、つまりは睡眠時間を取れていたということになる。目が覚めて少し寝たりない思いがあっても、「いや、でも睡眠時間はちゃんと取れている」と思えば、少しは元気になる。逆に、夢だという確証が持てなければ、実際にしっかり眠れていたとしても、寝不足だったのではないかという不安から疲れが出てきてしまう。

 そんな感じで、夢を見た朝はまず最初に「さっきまで見ていたのは夢だったのか」を確認する作業から一日が始まるのだけれど、最近はたまに、夢の中で「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と思うことがある。こうなるとかなり厳しい。もし夢の内容が明らかに夢だといえるものだとしても、「ウワー、寝なきゃ寝なきゃ」と思った自分がいた時点で、ひょっとしたら寝る前の妄想だったのかもしれないという疑念が拭い去れなくなる。そうしてぼくは寝不足状態を手に入れてしまう。

 別に夢と現実の区別がつかなくなってくるわけでもなく、あくまで夢と妄想の区別がつかないだけなので、特に恐怖体験なわけでもないし、日常生活に支障が出るわけでもないのだけれど、とにかくよく寝たという気分になれなくなるので、こう、つらい。

 いや、日ごろから夜更かししなきゃいいだけなのでは? と思ってしまったので、今日の日記は以上です。

まーた放置してた

 bう゛ろぐ、ぶtろく、ぶとぐ、ブログって書こうとして3回も書き間違えた。もうダメ。ブログに向いてない。1回目と3回目はまだ分かるとして、2回目はなんで最後がグじゃなくてクになってるの。やる気あんのか。

 もう2月も終わる。2月に何をやったか思い出すこともできない。FGOの小説を書こうとしてたんだけど闇古戦場が来たり風邪引いたりでほとんど書けなかった。反省している。

 そうそう、闇古戦場が来たので、グラブルを久しぶりにやってみたんですよ。今は元々いた団を抜けて隠居勢しかいない団で終末医療を受けてたんですが、ちょっと昔を思い出して走ってみようかなって。そしたらまあ本戦に出場できたよね。Cランクだけど。Cランクなら僕レベルの戦力でも一人で行けるもんなんだなという学びを得た。本戦はさすがに一人では無理だったけど、今までCランクを経験したことのなかった周りの隠居勢が面白がって参加したのでなんか全勝できた。面白かった。というか団チャでひたすら古戦場っぽいこと言ってる遊びの方が面白かった。「相手走ってきてますね!」とか「寝坊して朝活できませんでした、ごめんなさい……」とかいけしゃあしゃあと言うのめっちゃ面白い。

f:id:minadzki:20180227004414p:plain:w400

 こんな感じで、みんなで古戦場の雰囲気を楽しんだ。

 まあでも、数時間にわたってひたすらマウスをカチカチして同じ敵を倒し続けるのはやっぱり面白くはないので、うん、古戦場はもうしばらくはいいかな……。

Twitterで見た暗号について考えてみた

 Twitterでこういうツイートを見た。

 解読した人すごいなあと思いつつ、既に解読されている文字を五十音表に整理していくとちょっと面白い傾向が見つかったので、この暗号について考えてみることにした。

 例えばこの暗号で「う」は「于」に非常に近い形を取っている。「于」はそれ自体が「う」と読むうえ、ウ冠をつけるとひらがなの「う」の元になった「宇」となる。また、「わ」は「禾」の二画目を突き出ないようにした形を取るが、「和」との関連性が想起される。そこで、この暗号は「ひらがなやカタカナの成立過程をエミュレートして、万葉仮名から新たに作った仮名体系」なのではないかと当たりをつけた。

 その考えをもとに、元ツイートで出現している文字27種についてその由来を検討してみた。

f:id:minadzki:20180112224243j:plain:w600
(クリックで拡大)

 「変形」はひらがなのように草書体をまとめたもの、「省略」はカタカナのように字の一部を抜き出したもの、という意味で使用している。

 「く」「に」など分かりやすいものもあれば、そうでないものもある。例えば字形の似通っている「あ」と「は」だが、このうち「あ」はそれぞれ「安」の四画目後半部から六画目を抜き出したものと思われる。「は」は「波」の六画目以降だろう*1

 「つ」は「川」の変形にも思えるが、「川」で「つ」と読むこと自体、現代人には自然でないことを考えると、そこにあえてさらに一画足す必要もない気がする。ひょっとしたら「津」を横に倒した上で省略したものかもしれない。

 「き」「す」「み」「ら」「る」は中国で用いられている簡体字に非常に近いものがあり、そのために最初は「万葉仮名や簡体字を元にして作った文字体系ではないか」と考えていた*2。しかししばらく考えた結果、どうやら少なくとも「き」以外は簡体字とは無関係ではないかという結論に至った。「き」については「義」の簡体字である「义」をそのまま使った可能性もあるが、「畿」の省略の可能性もある。

 「か」「た」についてはかなり自信がない。とくに「か」については最後まで悩んだ。「箇」の簡体字である「个」との関連性も感じられるが、他の字の由来を考えると「加」の省略と考える方が多少は自然か。

 面白いなと思ったのは、「な」はぱっと見だと「尓」の省略に思える。これは「に」と読む字であり、もし「これは万葉仮名から作った文字体系ではないか」というところまで当たりがつけられたとしても、「な」と「に」を取り違えてしまえば誤読が発生してしまう。こういうファイアウォールに近い組み合わせは例えば「れ」(「児」の簡体字である「儿」から「る」と取り違えうる)など他にもあり、意図してかせざるか解読を困難にしている。

 この暗号を作った人は文字に比較的強い関心があるのではないかなと感じた。普通、架空文字を作るとなればホツマ文字みたいに母音と子音を図形化するか、オルテ語のように既存の文字にノイズを加えることが多い中、この文字体系は「既存の文字体系の成立過程をエミュレートする」という、個人的には見たことのない過程で作られている。この文字体系を作った人に、他の文字はどのようなものなのか、文字を作ろうとしたきっかけはどのようなものなのかなど、聞いてみたいなあと思った。

*1:今まで四画目から六画目はかぎ、縦棒、はらいの順に書いてたけど、調べたらはらい、かぎ、縦棒の順らしい。まあ書き順は統一的なルールがあるわけでもないし、国によっても異なるので「間違ってた!」と驚くものでもないけど。

*2:とはいえ「み」によく似た「头」は「頭」の簡体字、「る」によく似た「马」は「馬」の簡体字なので、それがなぜ「み」「る」に割り振られているのか説明ができない。

かぜひいた

 木曜日の夜から鼻水が止まらなくなり、早めの花粉症かな? と思ってたら思いっきり風邪だった。3連休をまるまるふいにしてしまった。悲しい。まだ風邪は治りきってはいなくて、鼻を中心として根強い人気を誇っている。もうしばらくは鼻づまりの活動をシーンの最前線で見られる日が続きそうだ。

 冬コミで手袋を紛失してしまったので、3連休に京都まで行って手袋を買おうと思ってたんだよ。それが風邪のせいで買いに行けなくなって、いまだに手袋なしで通勤してる。なにが「冬が寒くって本当によかった」だ。大して寒くないだろその反応だと。本当に寒かったらな、右ポケットにお招きする以前に「あぁああああああががががががががががっさささささむむむむむううううううううやばい死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ」しか言えなくなるんだぞ。

 以上です。

冬コミの話

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

冬コミ0日目

 さてさて、冬コミの話をしましょう。冬コミ前日の28日まで仕事だったのですが、運良くその日に半休が取れたので、13時頃に家に戻る。荷物をまとめて、忘れ物がないかを5回くらいチェックして出発。これまで即売会に出かけるたびに忘れ物をしていて本当に人間に向いていなかったので、今回は持って行くリストも作って複数回確認もして完璧なはず。

 ところで、その前夜のことなんだけど、泊まるホテルを最終確認しておこうとメールソフトを立ち上げたんですよ。確か池袋の東横インだったはずだけど、あそこ東横インが2つあるから、事前に確認しておかないと面倒だなと思って。んで予約メールを確認するじゃん。

 本当に確認しててよかったよね……。なんだよ青物横丁って、かすってもねえ……。ちなみになんで青物横丁にしたのかがさっぱり思い出せずにいたんですが、

 常に最弱の自分をイメージしていくスタイル、本当にどうかと思う。なお、このあとフォロワーさんに「青物横丁は実はりんかい線の品川シーサイド駅が徒歩圏内なので選択肢としてはかなりアリ」と教えられて「マジか!」ってなったよね。路線図でしかものを考えない人間なので、言われなかったら普通に品川まで京急で行って、山手線に乗り換えて大崎まで行って、そこからやっとりんかい線乗ってたわ……。

 そんな感じのマヌケも晒しながら新幹線に乗り込み、会場で頒布する予定の折り本原稿を書こうとMacBook Proくんを立ち上げます。2時間半もあれば余裕やろ、と。んで、書こうとするじゃん。まあ寝ちゃうよね。うん、思いっきり寝てた。気がついたら掛川過ぎてた。もうダメ、さすがに間に合いません。諦めてMacBook Proをしまい、FGOをやります。新幹線でMacBook Proを開いていきなり眠りこけ、目が覚めるやしまい込む人間、マジで何がしたいんだ。

 東京に着いて、フォロワーとおすしを食べた。美味しかったよ。

冬コミ1日目

 前日におすしを食べたフォロワーが売り子もしてくれます。やったね。フォロワーに「今回は何も忘れ物しなかったんだね~、偉いね~」と褒めて伸ばされたのもつかの間、国際展示場駅に手袋を片方落としてたことに気がつく。悲しい。でもあれだけ大量の人間が押し寄せる駅の中に落としたとあっては、仮に見つかっても無残な姿になり果ててるだろうし、もうなくしたということにしておく。尊い犠牲だ。

 設営を済ませてスペースをフォロワーに任せ、お買い物へと旅立つ。FGOと艦これをぐるーっと回った。超楽しい。めちゃくちゃ好みの沖田さん漫画を描いてる人に「がんばってください!」って言えたので本当によかった。1時間半ほどぶらぶらしてスペースに戻る。隣が前回売り子してくれた人のスペースだったので、わいわい駄弁りながら本を頒布してたよ。

 今回もたくさんの人に来ていただけたので本当によかった。ありがとうございます。

 イベントが終わり、ヒンヒン言いながら荷造りをしてゆうパックの列に並んだ。40分近く待たされた。待ってる間あまりに暇すぎたので、なんか15パズルのアプリをダウンロードしてひたすらそれやってた。

 タクシー! 品川! 焼肉! 以上だ!!

冬コミ2日目

 2日目は特に予定がなかったので、2時くらいまでホテルでぐだぐだとFGOをやる。おかげで終局特異点までクリアできた。よかった。3時くらいに秋葉原について、喫茶店で時間をつぶしたりeイヤホンに行ったりして、グラブルの騎空団のメンバーと飲んだ。みんなFGOの話ばかりしてた。FGOのフレンドポイントガチャ(無料)を回そうとして、間違えてストーリーガチャ(有料)を回してしまった。めっちゃ「あああああああ!!!!」って叫んでしまった。まあ限定サーヴァントが2体も来てくれたからよかったということにしておく。

冬コミ3日目

 3日目はフォロワーの洲央さんのスペースで売り子。待ち合わせ時間の伝達に齟齬があって、ちょっと遅めに到着してしまう。平謝り。買い物に行ってはスペースに戦利品を置きに戻り、またすぐ出て行く洲央さんの姿がとても生き生きしていたのでよかった。僕もお昼前にちょっと抜けさせてもらい、リリカルなのはをばーっと回る。リリカルなのはは脳にいいんですよ。買い物から戻ってきたら洲央さんの本が完売してた。すげえ。

 その後もしばらくスペースにいた。ちなみにスペースは東7・8だったんだけど、夏は涼しくて快適だった東7・8は冬になると冷蔵庫になるということを思い知った。めっちゃくちゃ寒いの。2秒に1回くらい「寒い……」って言ってたと思う。たぶんあの中にマグロがいたら凍ってたんじゃないかな。マグロいなかったけど。

 3時前くらいに撤収した気がする。最初はりんかい線で帰る予定だったんだけど、激混みの国際展示場駅を目の当たりにして「……タクシー使いません?」「そうしましょう」という流れになった。そしたら近くにいた知らないおじさんが「あ、もしよかったら私も相乗りさせてくれませんか?」と言ってきたので、テレ東系列の番組っぽくてよかった。3人だとかなりお安く田町まで出られた。

 夜はいつもTwitterではしゃいでるメンツで忘年会。語彙が完全になくなって「無!」「無じゃん!」「いや有かも!」「無って有なの!?」「無から有ができちゃうじゃん!!」などと言いながらゲーゲー笑った。いい年末だった。

 以上です。今年もよろしくね。

冬コミ1日目東ム-58b!!!

 ヤバいブログのこと完全に忘れてた!! Webサイトの方が情報詳しいのでそっち見てくれてもいいです!

 新刊1種、既刊5種でお待ちしています。新刊は夕張と五月雨の短編小説。目が見えないけど、ビー玉の向こうに少しだけ先の未来を視ることができる五月雨と、彼女の視るその景色が気にかかってしまう夕張の、優しくて少し悲しい話です。

 既刊はいつものアレ! 特に学術文庫パロディ『日本史の中の深海棲艦』は、まだ読んでない人は絶対手に取ってくれよな! 実際に発表されている考古学や歴史学の研究成果をふんだんに曲解しながら、古代日本には深海棲艦がいた!と強弁していくヤバい本です。蘇我馬子は深海棲艦だったこと、あなたはもちろん知っていましたよね? え、知らなかった? じゃあもう買うしかないね!

 1日目東ム-58bでお待ちしております。

寒くなりましたね

 ストーブがないとちょっと厳しい季節になりましたね。お久しぶりです。

 コミケ受かりました。1日目のム-58bです。がんばってなんか書きます。普段使ってるのはWindowsなんですが、原稿だけはmacで書いてるんですよね。Scrivenerっていう原稿用のソフトがWindows版だと使い物にならないので。で、お外でも原稿をやりたいなあと思ってmacbook proを買いました。これでいつでも原稿ができるね!

 実際macbook proが届くのは今週木~金曜になりそうです。金曜日には東京に出張しなきゃいけないので、それまでに届いてくれれば新幹線の中で原稿ができるなあと思うものの、たぶん金曜にならないと届かないパターンですね。悲しい。

 最近は原稿をやったり合間にFGOをやったりの生活です。FGO復帰してから割とガチャの引きが良く、嬉しい限り。でも種火も再臨素材も足りないので悲しい限り。

 そんな感じ。そんじゃあね。

iPhone8 Plusを買ったのとFGOを再開したのと

 iPhone6をずっと使ってきてたんだけど、動きや電池の持ちがかなりおじいちゃんになってきてて、そろそろ限界かなあという趣があった。あと、犬でおなじみのあの会社にいい加減に三行半を叩きつけたいという気持ちが強くて、新型iPhoneに乗り換えることにした。グラブルの騎空団のメンバーから、iPhone8はメモリが2GBなのでちょっと不安、という話を聞いていたので、いろいろ考えてiPhone8 Plusにすることにした。というのも、団通話で「FGOの沖田さんかわいいよね……大好き……」といつものようにキモオタトークをしてたら、今ピックアップ中だよとのお言葉をいただき、「ほーん、そんならちょっと放置してた無料石で回してみるか」と数ヶ月ぶりに起動したところ、なんか詫び石が大量に貰えて「一体何に対して詫びられているのかさっぱり分からん……」とか思いながらもありがたくいただいて回してみたところ、20連目で沖田さんが来てくれたという経緯がある。ちなみにウヒョーとか言いながらマーリンピックアップも回してみたところ、ジャンヌ・ダルクも召喚に応じてしまった。通話相手がジャンヌ大好きなのにまだ引けてなかった勢で、「ハァ~~~……マジ……そばくんマジ……」「ごめんて……わざとじゃなかってんて……」「ジャンヌ引くとか……ピックアップでもないのに……マジ……」「ごめんて……そんなつもりじゃなかってんて……」と誰も幸せにならない会話をしてた。なおマーリンも引けた。そんなわけで、これはFGOを再開すべきだなと思い、ちょっとでもサクサク動く機種にした方が良いよなとの思いからiPhone8 Plusを選ぶことになった。ジャンヌのくだり要った?

 そんなわけで今日、ヨドバシカメラまで行ってきた。当初は格安キャリアにしようかなとも思ってたんだけど、自宅のネット回線がeo光なので、2年間はauの方が安くなるらしい。フルキャリアであるに越したことはないし、2年経ったら乗り換えるというオプションもあるので、キャリアはauにすることにした。MNP予約番号の発行のためにソフトバンクに電話をかけて、こっちの話を無視してひたすら引き留めようとするオペレーターにイラついてしまい、auの係員の目の前で電話口に小規模にキレるなどの一幕を挟みつつも、契約自体は割とすんなり終わった。すんなり終わったんだけど、まさかソフトバンクの解約にハチャメチャな行列ができてるとは思わなかったよね……。世論~~~とか思いながら、番号札だけもらってオーディオコーナーに行ったり31アイスクリーム食べたりして1時間以上を空費した。欲しいものはもうあらかた買ってしまって、オーディオコーナーに大して魅力を感じなくなってしまってるの、悲しいことだ……。時間になってソフトバンクのカウンターに行くと、もう何人も解約者の相手ばかりしてるからなのか、係員の態度がハチャメチャに悪かった。そういうとこだぞ。

 そんなわけでFGO再開しました。がんばるぞ。

福井に行ったよ

 金曜から土曜にかけて、福井まで旅行に行ってきました。何で福井かというと、魔法少女リリカルなのはReflectionが上映されてるからなんですけどね。

 上映が行われてる映画館は公共交通機関だとかなり厳しいので、必然的に移動は車ということになります。ただ、車が必須な静岡県で働いてた時は自分の車を持ってたんですが、今住んでる大津は滋賀県では珍しく車が必要のない地域なので、とっくに手放してしまってるんですよね。なのでレンタカーを借りることにしたよ。たびたびこういう旅行をするのであれば、タイムズカーシェアとかを考えてもいいかもなあ。

 昼の12時半に近所のレンタカー屋で車を借りて、国道161号をブンブン北上します。運転中にクラシック音楽をFMトランスミッター経由で流してたんですが、クラシック音楽はポップスとかと違って平均音量が小さいのでカーステレオの音量を上げざるをえず、そうするとノイズがザーザープチプチ入るので、なんか年代物のレコードを聴いてるっぽくて楽しかった。敦賀から北陸自動車道に入り、びゅーびゅー走ります。途中、南条SAで休憩。厚切り牛タン串とかいうのを売ってたので食べてみたらおいしかった!

 午後4時過ぎくらいに福井市に到着。上映は6時からなので、それまで市内を適当に走って時間をつぶした。最初は特に何とも思わなかったんだけど、交差点を4つほど過ぎたあたりで信号機が全部縦型になってることに気づき、「雪国じゃん!!!」と叫んだ*1。旅行はこういうことに気づけるから楽しいね。

 5時半くらいに映画館に着き、チケットを購入。少し時間があったのでフードコートでスガキヤを食べた。滋賀県にもスガキヤはあるんだけど、大学生になってからはほとんど食べなくなったので久しぶりの味。おいしかった。時間になったので映画館へと戻る。魔法少女リリカルなのはReflection、最高だった……。20時半からの回も思わず見てしまった……。

 さすがに映画だけ見てすぐ帰るというのも何だし、そもそも帰ったところでレンタカー屋が閉まってるので車を返せない。なので翌日も豪遊するぞ! とばかりに東横インに泊まった。同人イベントと出張以外で東横インに泊まるの、初めてかもしれない。ホテルでひたすらリリカルなのはReflectionの感想をツイートし続けた。

 翌日、10時にチェックアウトして、福井出身の友人がおすすめしてくれた「けんぞう蕎麦」なる店に蕎麦を食べに行く。何でもかなりの人気店らしいけど、11時開店で11時過ぎに行けばさすがにそこまで混んでないでしょ、しかも今日はあいにくの雨、絶対空いてる、とか思いながら永平寺まで車を走らせる。店に着く。めっちゃ混んでた。アホかってくらい混んでた。しかも駐車場の車がほぼすべて福井ナンバーだったので、観光客用のつまらない店じゃない、マジモンの人気店だこれ。

 20分くらい待って店に入る。辛み大根のつゆが有名らしくて、確かに非常においしかった。薬味のネギもかなり辛い。統一感のある味だ。あと、付け合わせで大根の漬物も出てきたんだけど、これも辛くてめちゃくちゃおいしい。これだけ買えないかなってくらいおいしかった。

 満足して店を出たんだけど、そのあとどうするかが決まらない。予定では大野城か熊川宿あたりに行くか、はたまた新刊で出した気比神宮でも見に行くかと考えていたんだけど、どれも雨の中で行く場所じゃないなあと思い。どうしようかなあと考えた末、恐竜博物館に行くことにした。地図を見て「マ゛!?!?」って声出すほど山奥にあったので少し不安だったけど、ちゃんと道路は整備されていた。

 僕は1995年くらいまで恐竜博士だったんだけど(?)、それ以降は学会の動向をまったくフォローできてなかったので(?)、恐竜博物館で展示されてる恐竜のほとんどに聞きなじみがなく、すごいアウェー感を覚えた。どうせマイナーなのばっか展示してマウントとってんねやろ、知ってんねやぞ、とか思ってたら、そばを歩くちびっ子が「これ知ってるー」とか言い出すもんだから「ヒョエエエエエエ」とか言いながら口から泡を吹いて死んだりもした。隔世の感だ。

 実のところ、恐竜そのものに対しては興味がかなり薄れてきてたので、正直楽しめるのかなあという思いはあった。でも実際に行ってみたら、恐竜だけじゃなく生物全体の進化史や地球学といった展示も充実してて普通に楽しめたぞ。みんなも行ってみよう。

 そんなこんなで4時くらいに博物館を出て、北陸道と名神を使っておうちに帰りました。めっちゃ楽しかった。たまにはこういう旅行もいいものだと思った。次は徳島に行きたいですね! 徳島で魔法少女リリカルなのはReflectionの上映があるので!

*1:雪国は積雪に耐えるために信号機を縦型にしているそうです。